相手に響くならテキトーでも良い!?

蛭子さんの『笑われる勇気』、読み終わりました(`∇´)

e0348330_17255522.jpg


読みやすいので、読書が苦手な人にとっても良いと思います(*  ̄▽ ̄)ノ

印象的な部分が幾つかあったのですが、たとえば「オレは人生相談をしていますが、だいたいにして相談してくる相手について親身になって考えたことがない」(光文社『笑われる勇気』より引用)とか(笑)wwwww

女性誌で読者さんから寄せられる人生相談に回答する連載をなさっているようなんですけどね(`・ω・´)

蛭子さんが親身になっていないにも関わらず、人気連載として続いてきたのは、親身になっていなくてもその回答が読者さんに響くからなのでしょう(・_・”)

この一文から何を学ぶことができるかと申しますと(* ̄O ̄)ノ

一所懸命に回答したからといって、それが読者さんに響くとは限らない
テキトーに回答した内容が、読者さんに響くこともある

一所懸命やれば良いってもんじゃない
相手に響くなら、テキトーでも良い

例を挙げましょう(*  ̄▽ ̄)ノ

一所懸命作った手料理が美味いとは限らない(つまり相手に響くとは限らない)
相手が美味しいと感じるなら、クックドゥーなど用いるのもアリ

一所懸命至上主義を手放しませう( ̄▽ ̄)ニヤリッ

キクチミカコ(菊池美佳子)

人気占い師ならエキサイト
菊池美佳子

[PR]

by nishimirumae | 2017-11-14 17:35