良い出来事は大袈裟に言う♪

本日、40歳を迎えましたキクチミカコ(菊池美佳子)です♪


40歳というか、40代のテーマは(←誰も聞いていないっちゅーの。笑)……、私は 20代は主に“夢”に生き、30代は主に“商”に生きてきたので、40代は“愛”に生きようかと思っております(笑)♪


なんだか直江兼続みたいだな(笑。実は歴女のワタクシw)、まぁいいか(笑)♪


さて。


今日は朝イチで、盛岡の母から誕生日プレゼントが届きましたC=C=\(*゚∇゚)/


e0348330_20193760.jpg


そんなこんなで本日のお題は“良い出来事は大袈裟に言う♪”です(((o(*゚▽゚*)o)))


おととい、山手線に乗っていたときのことです(ホントは山手線じゃなく小倉ゆうこりんのように苺の馬車で移動したいのはやまやまですが。笑)。


池袋駅に着き、ドアが開きました(`・ω・´)


私が乗っていた車両は、改札へ降りる階段には遠い位置に停車したのですが、すると2人連れの若い男性のうち1人が、もう1人に向かって、「(階段に遠い位置で)うわ、サイアクですね」と言ったんです。


確かに、改札へ降りる階段の真ん前に停車したらラッキーチャチャチャウーチャチャチャ(←懐かしい。笑)だったかもしれません。


でもさ、「サイアク」ってほどサイアクなことではないと思うのですよ(`・ω・´)


彼のように、大した不幸でもない事柄を「サイアク」と、大袈裟に表現するってどうなのよ?と思った次第です(`・ω・´)


だってさ、改札へ降りる階段に遠い位置で停車したくらいで「サイアク」って言っていたら、日常に起きるほとんどの出来事が「サイアク」になっちゃいますからね(笑)。


「赤信号に引っかかったサイアク」とか「エレベーターがなかなか来ないサイアク」とか、ましてや「仕事でミスして上司に叱られた」規模の出来事だったら「サイアク」を通り越して「もう生きていけない」レベルになってしまいますからね(笑)。


むしろその逆で、ほんのちょっとの幸せを大袈裟に表現するほうが良いと思う(((o(*゚▽゚*)o)))


「赤信号に引っかからなかった、最高♪」とか「エレベーターが空いていた、最高♪」とか、「仕事で上司に褒められた、もう私ってば天才かもしれない♪」とか(((o(*゚▽゚*)o)))


因みに、ちょっとしたアンラッキーが起きたときは、「これは好転反応に違いない!」って表現するのがオススメです( ´ ▽ ` )ノ


※好転反応とは、マッサージの“揉み返し”みたいなもので、状態が良くなる手前の段階で、一時的に状態が悪く感じる現象のことです♪


「赤信号に引っかかった、これは近々 超絶ハッピーが起きる前の好転反応に違いない!」みたいなカンジで( ´ ▽ ` )ノ


“可愛い は作れる”と同様に“ハッピーな日常も作れる”のだと思います(0゜・∀・)


人気占い師ならエキサイト
菊池美佳子

[PR]

by nishimirumae | 2017-03-17 20:19